ttp-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" /> 2017年01月17日 - 行政書士円たけしからの手紙

体(2) すき間時間の有効活用

前略

前回は、勉強場所の話をしましたが、今回は勉強時間の絶対確保の話です。机に向かって時間が取れるのは理想ですが、恐らくサラリーマンの方であれば、平日2時間*5で10時間がいい線かと思います。ときに残業もこなす必要あり、平日コンスタントに10時間継続して実行するのは大変なことです。

しかしながら、受験生には専業も混じっているのが常であり、サラリーマンの方は時間総量で不利です。どうやって増やすか?週末についてはここであえて申し上げません。土日のどちらかは8時間くらい勉強することですは必要でしょう。ズバリ、通勤時間です。都内であればラッシュで本が読めない程度かもしれません。こういうときこそ、一問一答です。五肢を総合的に解く場合は、書いたりすることも必要なので机向きです。しかし、一問一答は、すき間時間活用が向いてます。一問一答は、前にも述べましたように反射神経を鍛えるものです。前後の肢を気をつける必要はありません。もちろん、通勤時間に違うことしていただいても結構です。

要は、片道1時間として合計2時間を有効活用いただきたいのです。他にほかのことをしたくても出来ない時間。この時間こそ、集中力がでます。そういう私は、最近はブログ記事書きを電車内でやってます。

草々

スポンサードリンク3

スポンサードリンク
フリーエリア
プロフィール

円たけし

Author:円たけし
資格取得を通じてビジネス力を鍛えることをモットーとしている現在47歳のビジネスマン。2006年(38歳)~2012年(44歳)までの電機メーカに勤務している7年間に、行政書士、TOEIC865点、日商簿記2級を取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
スポンサードリンク2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2
読んでみてはいかが?