ttp-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" /> 2017年03月 - 行政書士円たけしからの手紙

体(4)体調を整える

前略
 
まさに字のごとく今回は”体”の話です。人それぞれかもしれませんが、自慢ではないのですが小学生の頃から週に決まった曜日に運動(ジョギング、筋トレ等)を続けてます。今は回数もめっきり少なくなりましたが週2回は欠かさず1回につき1時間ほど運動をしてます。

試験直前ともなりますと運動どころではないというふうに思うかもしれませんが、運動には健康の維持と集中力の増加の効果があります。勉強は、目を酷使し神経を高ぶらせますが、運動には神経を鎮める作用があります。オフィスワークも同様かと思いますが、仕事を夜遅くまで行うと神経が高ぶり、寝付きが悪くなった経験のある方もいらっしゃるのではないかと思います。寝酒と称しアルコールをたしなまれる方も多いとは思いますが、そういう時こそ適度な運動で体を疲れさせることで神経をしずめ、深い睡眠を誘った方が良い場合も多いです。
 
資格試験の勉強は長丁場です。脳も体の一部であることを考えると新鮮な酸素を供給した方が良いに決まってます。かのベートーベンも毎朝決まった時間に速足で散歩をしていたといいます。勉強を続けるように運動も適度にされる方が総じて効率が上がることとなるように思います。

草々

技(5) 判例知識の整理法

前略
 
具体的な勉強の仕方につきこれから紹介してゆこうと思います。今日は判例についてです。年々新たな判例が問題に出題されますが、繰り返し出題されるものが多く、行政書士試験の場合は、憲・民・行の3科目で約400判例をおさえておけば十分です。

では、その判例ですが、まさか全文を読もうなどという方はいませんよね。確かにいくつかの判例の全文を読んでみることは非常に有益ですが、試験対策としては過剰と言えます。判例付き六法の判例部分で結構です。全部を暗記するのではなく判例の重要な点は、(1)争点、(2)結論、(3)結論にいたった理由の3点につきます。この3点をポイントとして判例付き六法の判例部分をExcel等を使って短い文、キーワードで整理しておくのです。作り出しの始めはちょっとかったるいのですが、いったん作成してしまえば、後から検索可能ですし、全部を紙に打ち出し隙間時間にながめるだけでも相当効果があります。作成する作業で大半の判例の3点のポイントは頭に入ります。是非お試しください。

例として一部の表を添付しておきます。私は受験の時に392判例をExcelにまとめました。判例一部

スポンサードリンク3

スポンサードリンク
フリーエリア
プロフィール

円たけし

Author:円たけし
資格取得を通じてビジネス力を鍛えることをモットーとしている現在47歳のビジネスマン。2006年(38歳)~2012年(44歳)までの電機メーカに勤務している7年間に、行政書士、TOEIC865点、日商簿記2級を取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
スポンサードリンク2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2
読んでみてはいかが?