ttp-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" /> 2017年04月06日 - 行政書士円たけしからの手紙

技(6)得点戦略 その2

前略
 
先日の「技(6)得点戦略 その1」に続くその2となります。法令5肢択一の正解率を上げることが合格への近道であることを申し上げました。では、法令は試験の得点配分ではどのようになっているのでしょうか?2016年度試験で申しますと、300点満点中、
1.行政法 112点(37%)、2.民法76点(25%)、3.憲法28点(9%)となっており、行政法と民法の2教科合計でなんと188点(62%)を占めてます。また、5肢択一ですが、満点160点中、1.行政法 76点(48%)、2.民法 36点(22%)、3.憲法、民法同列で20点(13%)ずつとなってます。
 
仮に一般知識を足切りすれすれの6問24点を獲得した場合、残り156点取れば合格となりますので極端な話行政法と民法の正解率が83%以上であれば、他の法令である憲法、商法等は勉強しなくても良いということになります。戦略として行政法と民法のみ勉強しなさいとそこまで言うつもりはないのですが、行政書士試験は、行政法と民法を制するものが合格への鍵となります。5肢択一にいたっては、圧倒的に行政法重視ということが言えます。
 
この比率を常に意識して勉強の配分を合わせてゆくことが重要です。私自身は、受験時代実務に役立つものが関心が高く、会社員として受験をしてましたので民法と会社法の比率が高かったです。しかし、これは合格率を高める方法としては得策ではありません。行政法をばかにせずきっちり取り組んでいたのあればもっと早くに合格できたのではないかと思ってます。契約実務、及び会社の動きをよく知るためには民法と会社法が面白いのは事実ですが、やはり試験対策としては行政法を最優先教科とすべきです。

草々
行政書士試験法域別得点構成

スポンサードリンク3

スポンサードリンク
フリーエリア
プロフィール

円たけし

Author:円たけし
資格取得を通じてビジネス力を鍛えることをモットーとしている現在47歳のビジネスマン。2006年(38歳)~2012年(44歳)までの電機メーカに勤務している7年間に、行政書士、TOEIC865点、日商簿記2級を取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
スポンサードリンク2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2
読んでみてはいかが?