ttp-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" /> 2017年10月21日 - 行政書士円たけしからの手紙

基本へ戻るために

前略

 あと3週間。前回申し上げた皿回し記憶法http://tkskikaku.jp/blog-entry-50.htmlでも述べたように今は短期記憶に訴える勉強をすべきであると、間違った肢の徹底復習を申し上げました。
 間違った肢のみを繰り返して解く、あるいは本日受けた方もいる予備校の最後の模試などの問題の記憶が残ることはともすれば試験当日で基本事項の度忘れにつながるおそれもあります。いや、度忘れというより、間違った肢であるとか模試問題はこれまで長い時間をかけてきた基本事項から少し離れた知識になりがちです。
 この偏った状態を真ん中に持ってくる方法としては、基本テキストの通し読み又は条文(特に、憲法及び行政法)の素読を毎日の勉強に取り入れると効果的です。
 模試など難しい問題を解きすぎると問題の裏を読みすぎて、本番の試験問題で不安に駆られる場合はあるのです。「素直に解いていいのか、それとも...」などど。
 はっきり言います。本試験問題は素直に解くのが正解です。裏をかくような問題は多くは出ないのです。素直に出された問題を素直に考えて解く。これが正答率を高める方法です。
 基本テキストの通し読みや条文素読は、感覚を基本に戻す直前対策の一つなのです。

草々

スポンサードリンク3

スポンサードリンク
フリーエリア
プロフィール

円たけし

Author:円たけし
資格取得を通じてビジネス力を鍛えることをモットーとしている現在47歳のビジネスマン。2006年(38歳)~2012年(44歳)までの電機メーカに勤務している7年間に、行政書士、TOEIC865点、日商簿記2級を取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
スポンサードリンク2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2
読んでみてはいかが?