ttp-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" /> 行政書士のスタート準備 - 行政書士円たけしからの手紙

行政書士のスタート準備

前略

サラリーマンから行政書士へ。サラリーマンといいますが、組織人であり、個人事業主である行政書士とはスタンスが異なるものです。特に従業員規模の大きい会社で長く生活をした方ほどギャップを感じることでしょう。

培ってきた能力に違いがあります。サラリーマンは組織人として適応力が求められます。例えば法務部門の方であれば仕事は企業内より発生し、毎日契約書と格闘するような毎日ですと、当たり前のように仕事があり、いかに効率を上げて終わらせようと考えます。ときに他部門のせいにして仕事自体を闇に葬ってしまうこともあろうかと思います。

一方で行政書士ですが、契約検討に至る前に顧客より受注する必要があります。つまり、行政書士の前に営業マン、企画屋であることが求められます。お気づきかもしれませんが、行政書士の方がよりビジネス感覚が必要になるのです。そして、スタートの時点で顧客がいないとなると、営業活動に注力せざろうえません。

サラリーマンの方で契約書の行政書士になろうという方であるとしたら、サラリーマンの時代に多くの契約書を是非検討してみてください。狭く深いのは、サラリーマンの現役時代の仕事の方かもしれないのです。

草々

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク3

スポンサードリンク
フリーエリア
プロフィール

円たけし

Author:円たけし
資格取得を通じてビジネス力を鍛えることをモットーとしている現在47歳のビジネスマン。2006年(38歳)~2012年(44歳)までの電機メーカに勤務している7年間に、行政書士、TOEIC865点、日商簿記2級を取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
スポンサードリンク2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2
読んでみてはいかが?