ttp-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" /> 技(4) ペースメーカーの必要性 - 行政書士円たけしからの手紙

技(4) ペースメーカーの必要性

前略

今年の試験を受けてみようと決心が固まりましたでしょうか?とかく気持ちの上がり下がりを抑えてコンスタントに勉強を続けることがこと法律試験には重要です。ペースメーカーが必要です。

私の場合は資格学校でした。LECでした。大原、伊藤塾、TACであっても基本は同じであまり大差はないように思います。要は、ペースメーカです。カリキュラムはよく考えられており、あるべき時にすべきことを教えていただけます。通学が優れてますが通信も捨てがたいものがあります。

コツは、答練、模試期などの区切りに合わせて自分のノルマを設定し、こなすことが重要です。あくまでも基準は知識が自分の頭に定着したかどうかです。ともすればマンネリに落ち入りやすい自分を補正することが可能です。また、予備校の答練、模試の問題及び結果より自分のポジションを確認し、最新の試験傾向を把握するには絶好の情報が集まってます。書店に販売されている予想問題の類いでは精度が悪く研究するだけ無駄とも言えます。

予備校代は一つ投資と考えて効率を上げていただきたいと思います。

草々

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク3

スポンサードリンク
フリーエリア
プロフィール

円たけし

Author:円たけし
資格取得を通じてビジネス力を鍛えることをモットーとしている現在47歳のビジネスマン。2006年(38歳)~2012年(44歳)までの電機メーカに勤務している7年間に、行政書士、TOEIC865点、日商簿記2級を取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
スポンサードリンク2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2
読んでみてはいかが?