ttp-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" /> 技(3)一般知識をどう対策するか?その2 - 行政書士円たけしからの手紙

技(3)一般知識をどう対策するか?その2

前略

 以前「技(3)一般知識をどう対策するか」http://tkskikaku.jp/blog-entry-9.htmlの続きで今回はその2となります。一般知識の足切りを恐れている人は多いと思います。予測がしにくいという理由からです。

 1.一般知識の出題意図

  前回では、文章読解2問+過去問焼き直し問題(核兵器、政治がらみ等)4問=6問の最低ラインで乗り切ろうという戦略を申し上げました。例年14題ある一般知識問題で何とか予測を立てることができないか、みな頭を悩ますと思います。

 Ⅰ 問題47-54(8題) 政治・経済、現代社会等
 Ⅱ 問題55-57(3題) 情報系
 Ⅲ 問題58-60(3題) 文章問題

 上記を分析すると、大局的には公務員+法律家の素養を試すものと言えます。カテゴリⅠは、まさに公務員試験に似た出題となっており、カテゴリⅢは、法律素養をみる問題です。では、Ⅱは何かというと、”行政書士業務に密接な”文書電子化の流れを受けた情報問題の出題です。この”行政書士業務に密接”がキーワードです。

2.一般知識の中に潜む”行政書士業務に密接な分野”からの出題

 過去問をよーくみると、実はカテゴリⅠでもこの”行政書士業務に密接な分野”からの出題があることに気付きます。

 平成26年 問題54 難民関連      -> 入管業務
 平成27年 問題51 空き家        -> 昨今行政書士が取り組むべき重要課題の1つ
 平成28年 問題52 日本社会の多様化ー> 入管業務

 つまり、中学の教科書に書いてある現代社会からのトピックだけではなく、行政書士として知っていてほしい背景などの知識を問うているのです。これは勉強方法として単にテキストや過去問をやればいいというものではありません。深く覚えるようなことはしないでよいのですが、行政書士の業務課題としてどういったものがあるのかということを行政書士連合会などのHPをみるなど日ごろから関心をもつと1問くらいはなるほどこれかと思えるようになります。

 皆さんは将来業務を行う予定かと思いますので参考で連合会のHPのURLを掲載しておきます。

  https://www.gyosei.or.jp/

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク3

スポンサードリンク
フリーエリア
プロフィール

円たけし

Author:円たけし
資格取得を通じてビジネス力を鍛えることをモットーとしている現在47歳のビジネスマン。2006年(38歳)~2012年(44歳)までの電機メーカに勤務している7年間に、行政書士、TOEIC865点、日商簿記2級を取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
スポンサードリンク2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2
読んでみてはいかが?