ttp-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" /> 企業は誰のもの? - 行政書士円たけしからの手紙

企業は誰のもの?

前略

電機業界関係者なので電機で起こっていることを話します。

ある企業は、現在ごたごた真っ最中ですが、今までにリストラをしてた企業の中には、業績がV字回復した企業もあります。私が、今から約20数年前に会社に入社したときは、これから先が長い(40年間)なあと期待半分、心配半々であったことを覚えてます。もちろん、その時は、終身雇用を疑う事もない脳天気野郎でした。

入社10年たち時代は代わり、その後はサラリーマンとしてはまさに嵐の時代でした。同期はことごとく退職し、友達はいなくなりました。働き盛りの人間がいなくなり、組織としてスカスカになるのですが、業績回復してくると、今度は中途を多く採用し、企業内の年功序列の秩序は狂い始めます。

新聞では業績回復を高らかに謳いますが、人的な構成としては明らかに変化してます。昔の良くも悪くもウエットな人間関係は残っておらず、あまり馴染みの無い人の間で仕事をすることになります。

つまるところ、会社は、従業員への関心は低く、メーカーであれば、設備、技術といった資産の一部として人間をとらえていることがわかります。

会社に行くと、いかにも人が形作っているように錯覚するのですが、それは間違いです。倒産の話なんて良い例です。従業員はその情報を会社で知るより先に、ニュースとか、新聞で知ることでしょう。

会社は誰のものか?古いテーマです。従業員のものと言いたいのですが、現実は変わったようです。

草々

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク3

スポンサードリンク
フリーエリア
プロフィール

円たけし

Author:円たけし
資格取得を通じてビジネス力を鍛えることをモットーとしている現在47歳のビジネスマン。2006年(38歳)~2012年(44歳)までの電機メーカに勤務している7年間に、行政書士、TOEIC865点、日商簿記2級を取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
スポンサードリンク2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2
読んでみてはいかが?