ttp-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" /> 技(8)タイプ別問題攻略法 その2(正誤組合せ肢選択) - 行政書士円たけしからの手紙

技(8)タイプ別問題攻略法 その2(正誤組合せ肢選択)

前略

 前回に続いての5肢択一問題のもう1つのパターンである正誤組合せ肢選択問題を、やはり、「技(7)問題分析その3 」
http://tkskikaku.jp/blog-entry-39.htmlで扱ったH28-問29を使い説明します。

1.問題のテーマ

 これは問題のパターンに限らず言えることがあります。すべての問題にはテーマがあります。5肢選択式であれば、各肢で問いたいこと(論点)があることはわかりますよね。一方で、各問題毎にもテーマがあります。行政書士試験の問題は、全般的に言って法律の基本を問うものです。では基本とは何でしょうか?

2.H28-問29の問題のこころ

 ずばり結論から申し上げると、H28-問29の問題では、「共有にかかる基本が理解できていますか?」ということを問うてます。
前回分析した肢別でどのような知識を必要とするのかに、肢別の難易度情報を加えてみます。
 問題は正しいものの組み合わせはどれか(5つの肢のうち正しい肢2つを選べ)ということを聞いてます。

 肢ア 判例 (×) :  普
 肢イ 判例  (○) : 難
 肢ウ 条文 (×) :   難
 肢エ 条文  (×) :  易
 肢オ 条文  (○) :  易

 難易度情報を加えると難肢2つと、普通肢1つ、及び易肢2つに分かれてます。肢エと肢オは条文又はテキストをしっかり読んで理解できている方であれば正誤の判定は比較的容易であったと思います。これで2つの肢は切れ、1つが正肢ですので残りの3つより1つ正肢を見つける作業となります。

 次の検討です。肢アです。
 
DがA、BおよびCに無断で甲土地上に乙建物を建てて甲土地を占有使用している場合、Aは、Dに対し、単独で建物の収去および土地の明渡しならびに土地の占拠により生じた損害全額の賠償を求めることができる。(×)->最判昭51.9.7)
 「共有にかかる土地が不法に占有されたことを理由として、共有者の全員又はその一部の者から不法占有者に対してその損害賠償を求める場合には、共有者は、それぞれその共有持分の割合に応じて請求をすべきものであり、その割合を超えて請求をすることは許されない。」

 損害全額の賠償請求できないのは、それぞれ持分があり、金銭賠償請求権は可分債権となるからです。判例をずばり知らなくても持分とは何かをよく理解できている人であれば誤肢とできたと思われます。

 残りは2つの肢、イとウです。

 肢イについては前回解説しましたので詳細は省略しますが、判例をしらないで正解を導きだすためには相当な類推と法的思考力が必要な問題でした。検討段階では、?といったんつけておいて、肢ウです。

 Fが賃借権に基づいて甲土地上に乙建物を建てた場合において、A、BおよびCが甲土地の分割協議を行うとするときは、Fに対して分割協議を行う旨を通知しなければならず、通知をしないときは、A、BおよびCの間でなされた分割の合意は、Fに対抗することができない。(×)->民法第260条1項2項
「共有物について権利を有する者及び各共有者の債権者は、自己の費用で、分割に参加することができ、参加の請求があったにもかかわらず、その請求をした者を参加させないで分割をしたときは、その分割は、その請求をした者に対抗することができない」

 共有者が遺産分割を請求したにもかかわらず他の共有者が協議参加させず、取り決めた遺産分割協議内容は、参加をしなかった共有者に対抗できないとするものです。通知の義務までは条文に書いておらず通知する義務はないということから結論として誤肢となるものです。ちなみに260条は、平成の間に行われた試験では問われなかった条文となります。

3.まとめと対策

 肢のイとウですがどちらが切りやすい問題でしたか?各人の学習の深さがものを言いますが、私の場合、どちらかというと肢イの方が正解を導きやすかったように思います。260条は勉強したことがない論点です。肢イは、判例を知らなかった場合にあって自信はないですが正解のような気がすると思えたのではないかと思います。
 総じて言うと組合せ肢選択においても、最後に残った2つの肢をどう切るかで運命が分かれるような問題が多いのです。普通肢、易肢は切れて当然なのです。残り2つの肢で共有の概念の”持分の理解”をどれだけ理解しているかということを問う問題なのです。
 
 普通肢、易肢を自信をもって完全にきれるようにすること、これが基本を固めるということなのです。そして最後の2肢のどちらかを持っている知識から一生懸命考える。行政書士試験において260条のような知識を増やすことは決して得策ではありません。

草々
 H28-問29

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク3

スポンサードリンク
フリーエリア
プロフィール

円たけし

Author:円たけし
資格取得を通じてビジネス力を鍛えることをモットーとしている現在47歳のビジネスマン。2006年(38歳)~2012年(44歳)までの電機メーカに勤務している7年間に、行政書士、TOEIC865点、日商簿記2級を取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
スポンサードリンク2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2
読んでみてはいかが?