ttp-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" /> 書評 その3 [みんなが欲しかった判例集] - 行政書士円たけしからの手紙

書評 その3 [みんなが欲しかった判例集]

前略

  行政書士試験で問われる判例は一体どのくらいあるのでしょうか?H28年度試験では、60判例以上が問われました。
判例の勉強の仕方を技5「判例知識の整理法 その2」http://tkskikaku.jp/blog-entry-45.htmlでも触れました。 400ほどの判例を抑えるべきだということを申し上げ、自分でまとめることが大事であるとも言いました。
判例収集の素材は、過去問だとも申し上げましたが、過去問から1つ1つの判例をピックアップしてゆくのは骨が折れる作業かと思います。素材として手っ取り早いのは、行政書士試験用の市販の判例集かと思います。ここで2つの本を紹介します。

1. (1)タイトル:みんなが欲しかった! 行政書士の判例集 2017年度 
  (2)出版社:TAC出版
  (3)定価:  2,808円(税別)

2.(1)タイトル:平成29年版パーフェクト行政書士 重要判例集
  (2)出版社:住宅新報社
  (3)定価:  3,132円(税別)

 前者の「みんなが欲しかった!行政書士の判例集」は、判例数約450で、試験対策用に判例を絞り込んだものとなってます。解説はしっかりとしてコンパクトにまとまってます。一方、後者の「平成29年版パーフェクト行政書士 重要判例集」は、判例数が1100ほどあり、網羅するだけの十分なものとなってますが、より判例六法などの近い形態のものとも言えます。

 おすすめとしては、前者の「みんなが欲しかった!行政書士の判例集」約450判例をベースに、予備校の答練、模試等で適時肉付けするのが効率的かと思われます。ただし、くれぐれも注意していただきたいのは、判例の研究家にならないことです。読み込むと面白いのですが深入りは禁物です。重要度は、条文の次に位置し、超えることはありません。特に民法は条文の補強のためにあるといって過言ではありません。判例がどの条文の理解のためにあるか常に意識して判例学習に取り組んでいただきたく。

草々

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク3

スポンサードリンク
フリーエリア
プロフィール

円たけし

Author:円たけし
資格取得を通じてビジネス力を鍛えることをモットーとしている現在47歳のビジネスマン。2006年(38歳)~2012年(44歳)までの電機メーカに勤務している7年間に、行政書士、TOEIC865点、日商簿記2級を取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
スポンサードリンク2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2
読んでみてはいかが?