ttp-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" /> 平成29年行政書士試験までの1か月をどう過ごすか? - 行政書士円たけしからの手紙

平成29年行政書士試験までの1か月をどう過ごすか?

前略
 
 平成29年の行政書士試験日は11月12日(日)に実施予定ですが、あと1カ月を切りました。これから試験日までの記事は、受験生の方が自信をもって取り組むことができるような記事を可能なかぎり配信してゆきたいと思います。
 
 予備校を利用される方、独学の方もこの数か月間追い込みの時期であったかと思います。特に大手予備校であるLEC、TAC、伊藤塾などでは軒並み模試を実施中で、最終模試は来週となり、学校としては実質的には今週が最後のカリキュラムとなるようです。今週終わったら残りは3週間となります。別に煽っているわけではありません。この3週間という時間をどう考えるか。これまでに長期間勉強してきた方にとってこの3週間はまだまだいろいろなことを行うことが可能です。まず、時間的にどれくらいあるでしょうか。仮に平日は仕事で週末2日が休みの方。平日は朝1時間、夜2時間の計3時間、週末は朝からはじめて10時間は可能でないでしょうか。
1週間あたり 3 x 5 + 10 x 2 = 35時間、3週間で105時間です。行政書士試験は3時間ですので理論的には、35回分、つまり、問題にして2,100問、肢にして10,500肢の確認ができることになります。いままでも申し上げてきましたが、皆さんは過去10年分の肢、つまり法令問題で、2,000肢をすでに1回以上は解いてきたため、理論的にはあと5回ほど反復練習ができるのです。

 何が申し上げたいかというと、模試の結果・問題には是非とも引きづられないでいただきたいと思います。模試は、各予備校の威信がかかっているため無用に難易度が高くなっているのがパターンです。過去問レベルより高く設定されてますし、各校の特徴を打ち出したいがため、新設問題が多くなりがちです。この3週間は、あくまでも知識の定着、それも既存の問われる外してほしくない基本の知識の精度を高めるべきなのです。

 これまでの勉強は長期記憶にいかに定着させるかというのが課題でしたが、残りの3週間は短期記憶も大事ということです。怖いことに余計な知識をインプットすると他の知識の引きだす力が減殺されます。歳をとって記憶力が悪くなるのは多くの情報が頭脳に蓄積され引き出す力が弱くなるためといわれてます。模試の新しい知識は基本知識を引き出すのにときに邪魔となる可能性があるのです。ですから、自信をもってこれまで間違った肢を集め間違わないようにする訓練を続けて欲しいのです。

草々

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク3

スポンサードリンク
フリーエリア
プロフィール

円たけし

Author:円たけし
資格取得を通じてビジネス力を鍛えることをモットーとしている現在47歳のビジネスマン。2006年(38歳)~2012年(44歳)までの電機メーカに勤務している7年間に、行政書士、TOEIC865点、日商簿記2級を取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
スポンサードリンク2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2
読んでみてはいかが?