ttp-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" /> 平成29年度行政書士試験出願者数と動向 - 行政書士円たけしからの手紙

平成29年度行政書士試験出願者数と動向

前略

 行政書士試験研究センターより本年度の出願者数が発表されました。52,214名です。近年の受験生減少の傾向は相変わらずですが、例年7-10%程度の減少幅が今年はぐっと少なくなり1%程度です。下げ止まった感があります。
 今年初めの私の予想では受験者38,000人で合格者は約3,800人くらいと予想しましたが、楽観論でゆけば、今年の合格者の絶対値は増えそう(?)です。http://tkskikaku.jp/blog-entry-22.html

 比較のために行政書士のここ数年の申込者数、受験者数及び合格者数ならびに司法書士のそれを下記します。

1.行政書士(会員数:46,205人) 左から申込者数、受験者数(受験率)、合格者数(合格率)
H26、 62,172 48,869 (78%) 4,043 (8.3%)
H27 56,965 44,366 (78%) 5,820 (13.1%)
H28 53,456 41,053 (77%) 4,084 ( 9.9%)
H29 52,214 ? ?

2.司法書士(会員数:22,415人)左から申込者数、受験者数(受験率)、合格者数(合格率)
H26 24,538 20,130 (82%) 759 (3.8%)
H27 21,754 17,920 (82%)  707 (3.9%)
H28 20,360 16,725 (82%) 660 (3.9 %)

非常に不思議なのは、受験率が双方の試験も一定していることです。受験に対する心構えとか受験者層が影響しているのでしょうか。データからみると行政書士受験生の方が記念受験率(?)が高いということでしょうか。では、今年も受験率が77%相当であるとすると今年は理論値で40,205名となります。次に合格者をどれほどとするかという問題です。司法書士試験は毎年の合格者を4%よりわずかに低い数字でコントロールされてます。一方で行政書士は、低いときで5%前後高いときは10数パーセントになり非常に読みにくいのですが、傾向としてはどうやら10%は越したくないという意地が垣間見えます。

 今年の合格者を昨年なみとすれば4,020名前後、会員数は減少方向となります。11%くらいに持ち上げ、4,400名とするのか。
各士業界が軒並み合格者を減らしている中であえて増加に踏み切るのか。政治的にはありうるシナリオです。特定行政書士施行わずか2年です。会員数は増やしたいという気持ちはあるように思います。しかしながら一方で弁護士をはじめとする他士業の過剰状態の影響も受けることは否めないかもしれません。同様に士業人気の低下を一定程度受け入れ合格者の質を担保する方向で8%くらい、つまり、約3,200名とするか。上記のどちらかの方向性となるように思います。その場合3,200ー4,400名です。

 今最後の追い込みをしている受験生のみなさん。私は、4,000名を超える前者のシナリオの実現を期待してます。合格者の既得権益からすれば合格率が下がってほしいと願う者もいるかもしれませんが、行政書士はすでに多いのです。新規参入者が増加したからと言って自分の仕事が相対的に増えるとも思えません。それだけ皆さんが取り組んでいる仕事は多岐にわたりますし、行政書士間の競争の話ではないのです。楽観論を期待し最後のスパートを是非お願いいたします。

草々

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク3

スポンサードリンク
フリーエリア
プロフィール

円たけし

Author:円たけし
資格取得を通じてビジネス力を鍛えることをモットーとしている現在47歳のビジネスマン。2006年(38歳)~2012年(44歳)までの電機メーカに勤務している7年間に、行政書士、TOEIC865点、日商簿記2級を取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
スポンサードリンク2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2
読んでみてはいかが?